無料Wi-Fiスポットを利用する人のためのセキュリティ対策

近年のスマートフォンの普及も影響して、駅やカフェ、空港など外出先で気軽に接続できる無料Wi-Fiスポットはとても便利で増え続けていますが、その危険性はあまり知られていません。
一般的なウイルス対策ソフトは端末は保護できますが、端末からいったんネットワークに乗った情報には無防備です。ここでは、無料Wi-Fiスポットを利用する際のリスクと対策について紹介しましょう。

近年のスマートフォンの普及も影響して、駅やカフェ、空港など外出先で気軽に接続できる無料Wi-Fiスポットはとても便利で増え続けていますが、その危険性はあまり知られていません。
一般的なウイルス対策ソフトは端末は保護できますが、端末からいったんネットワークに乗った情報には無防備です。ここでは、無料Wi-Fiスポットを利用する際のリスクと対策について紹介しましょう。

Wi-Fi セキュリティ:ウイルス対策アプリで防御できる範囲

無料Wi-Fiスポットに潜む危険とは

Wi-Fi セキュリティ:中間者攻撃対策

同一ネットワーク内からの盗聴(中間者攻撃)

暗号化されていないWi-Fiネットワークでは、同一ネットワーク内の悪意の第三者に、データ通信を盗聴される危険があります。端末とアクセスポイント間を狙う中間者攻撃と呼ばれる手法です。一度盗聴されると、メールやチャット、SNSのログインIDやパスワードを盗まれ、知らない間にパスワードを変更されてアカウントを乗っ取られたり、クレジットカード情報を抜き取られる恐れもあります。

Wi-Fiスポットただ乗りにご注意

人が多く集まる駅や空港、町中のカフェでは、悪意あるハッカーが、暗号化されていないネットワークを公開し、盗聴目的で無料のWi-Fiスポットを設置していることがあります。接続できてラッキーと思ったらとんでもないことで、ネットワーク上にはデータ通信を盗聴するための罠が仕掛けられており、接続した人の情報は盗聴されてしまいます。

脆弱な公共Wi-Fiスポット

例えば、古い端末や一部の携帯ゲーム機では、高度に暗号化されたネットワーク接続ができないため、敢えて暗号化の設定をしていない、または簡単に解読できてしまうレベルの低い暗号を使用している場合があります。このような場合、接続前にWi-Fiネットワークの提供者名を確かめても、盗聴の危険を避けられません。

無料Wi-Fiスポットを安全に使うには?

盗聴などの対策として一般的に言われているものは、
・パスワードを使うようなサイトにはログインしない。
・メーラーなど個人情報を含むものは使用しない。
などですが、使う立場からすると現実的ではないでしょう。

そこで注目されているのがVPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク= 仮想専用線)ソフトです。
VPNは、多くの企業が導入しているネットワークの基本的なセキュリティ対策で、端末からサーバーへの通信を丸ごと暗号化し盗聴を防いでくれます。

Wi-Fi セキュリティ:VPN

VPNソフトで対策を

VPNの個人向けとしては、米国・AnchorFree社が提供する「Hotspot Shield」があり、世界中で使われ高い評価を受けています。
ソースネクストではこの「Hotspot Shield」を日本国内向けに「Wi-Fi セキュリティ」として発売し、日本語でのサポートを提供しています。

Wi-Fi セキュリティ:中間者攻撃対策

Wi-Fi セキュリティの特長

Wi-Fi セキュリティ
  • スマートフォン、PCなどのマルチデバイス対応。端末を丸ごと暗号化
    Windows / Mac / iOS / Android のマルチプラットフォームに対応。
    同一ユーザーに限り、1つのライセンスキーでプラットフォームを選ばず5台まで保護して、端末上のネットワークを丸ごと暗号化できます。
  • フィッシングサイトもブロック
    フィッシングサイトに接続しようとすると自動でブロックされます。
  • 閲覧先サイトにIPアドレスを残さない、匿名アクセスが可能
    掲示板に書き込んだりチャットをしても、サイト管理人や第三者にIPアドレスなどの個人情報を見られることはありません。

※本製品は、アクティベーションを行なった日から1年間ご利用いただけます

open AnchorFree社の「Hotspot Shield」と「Wi-Fi セキュリティ」の違い

Wi-Fi セキュリティ
  • スマートフォン、PCなどのマルチデバイス対応。端末を丸ごと暗号化
    Windows / Mac / iOS / Android のマルチプラットフォームに対応。
    同一ユーザーに限り、1つのライセンスキーでプラットフォームを選ばず5台まで保護して、端末上のネットワークを丸ごと暗号化できます。
  • フィッシングサイトもブロック
    フィッシングサイトに接続しようとすると自動でブロックされます。
  • 閲覧先サイトにIPアドレスを残さない、匿名アクセスが可能
    掲示板に書き込んだりチャットをしても、サイト管理人や第三者にIPアドレスなどの個人情報を見られることはありません。

※本製品は、アクティベーションを行なった日から1年間ご利用いただけます

open AnchorFree社の「Hotspot Shield」と「Wi-Fi セキュリティ」の違い


Wi-Fi セキュリティ 1年版

Wi-Fi セキュリティ
1年版

ダウンロード版18.9MB

標準価格2,980円

2,980円

超割価格 1,486円(税抜)
(50%OFF)

eSHOP価格 2,980円(税抜)

カートに入れる